新たな価値の創造を、お客さまとともに一歩一歩着実に

取締役社長 沖谷 宜保の写真です

私たちは、デジタルトランスフォーメーションを通してお客さまの利益に貢献する新たな経済価値の創造に取り組んでいます。

急速にデジタル化する社会の中で、お客さまに貢献できる事業フィールドを探し求め、お客さまとともに次世代に向けた成長の種を掘り起し、データにより実効性を検証して業務改善や新たな事業を生み出すことを目指しています。私たちは、東芝グループの一員として長年にわたり培ってきた幅広い事業領域の知見や実績とAIやIoTなどのデジタル技術の強みを活かし、モビリティ・エネルギー・インダストリー・社会インフラなどのビジネス領域を中心にお客さまのビジネスの未来を豊かなものにしたいと考えています。

今年度は英国の鉄道や欧州の工場IoTの分野で新たなデジタルトランスフォーメーション事業のプロジェクトを開始いたしました。また、発電分野や物流・流通分野などにおいても着実に取り組みを進めています。

私たちは、サイバーフィジカルシステム(CPS)を実践するデジタルトランスフォーメーションのグローバル・ビジネスイノベーターとして、また、東芝のデジタルトランスフォーメーション事業を推進する企業として「TDX」という呼称で親しまれるよう、お客さまとともに一歩一歩着実に新しい事業価値を創造する事業を追求してまいります。

2019年10月

東芝デジタル&コンサルティング株式会社
取締役社長 沖谷 宜保