本文へジャンプ

事業紹介

輸送

デジタル化で、バリューチェーンを横断したデータ活用を実現する

世界中で、大量の製品が製造・出荷され、消費者の手元にとどきます。現在の輸送ビジネスでは、利用者ニーズに応えた多頻度小口化、乗客数の増加、輸送業務に携わる労働力の不足などの課題を抱えています。加えて、近年では輸送手段が多様化することで管理も複雑化し、また消費者も輸送中の品質管理に関心を抱くようになっているなど、従来よりも高度かつ柔軟性のあるソリューションが求められています。

輸送

エネルギー・環境

デジタル化で、新たなエネルギービジネスを描き出す

世界規模の地球温暖化対策や各地での震災を契機に、国家レベルで資源のあり方が見直されています。利用者にとっても、水やエネルギーは供給されるものという従来の常識が変化しつつあります。限られた資源を安定的に、バランス良く社会全体に届けるための取り組みが、いま進められています。

エネルギー・環境

ファシリティ

デジタル化で、未来のファシリティ(設備・施設)を変える

社会インフラを始めとする、さまざまな設備・施設においては、消費者の需要に対応した新設備の提供や、利用者が支障なく利用できるためのメンテナンスが欠かせません。デジタル化技術の向上により、お客様のファシリティの価値を高める、新たなサービス・事業を創出することが可能になっていきます。

ファシリティ