インダストリー

品質コントロールや製造工程の改善など、製造業の抱える課題に対して、東芝グループの持つモノづくりの専門知見を活かすことによって、より高品質で価値の高いビジネスをサポートします。

インダストリーのイメージ画像です

コンサルティング事例 製造

電機メーカー・東芝ならではの知見が活かせる製造業

三井物産の場をフィールドに活動
弊社と三井物産は、デジタルトランスフォーメーションの分野で約2年前から協業を開始しており、この取り組みをいっそう加速させるため、2019年2月に弊社は三井物産からの出資を受けました。
総合商社である三井物産がグローバル展開する既存事業や、新規事業開発案件を対象に、東芝の持つAI, IoTをはじめとするデジタル技術およびエネルギー、社会インフラなどの専門技術、さらには東芝自らが製造業として行ってきた生産技術知見を結集して、デジタルトランスフォーメーションを実現。新たな事業価値を創造していくことを弊社は目指しています。
イメージ画像です
製造業のあらゆる課題をサポート
三井物産の出資先事業者の中でも、東芝のモノづくり知見や専門知見が活かせる領域として、海外における製造業に着目し推進しています。
製造業の大切なファクターはいくつかあり、たとえば、ハイクオリティな製品を工場でつくり、安定供給することで、エンドユーザーからの信頼を勝ち得ることがファクターの一つです。同時に、事業として収益性の確保・維持がきわめて重要ですが、品質のコントロールや工程の改善は決して簡単なことではなく、日々多くの課題を抱えながら改善に取り組んでいる企業が多いのが実情です。また、工場のプロセスから収集されるさまざまなデータを活用して効率化につなげ、人件費などのコストを削減したいというニーズもあります。
ここに弊社および東芝グループが提案できる強みがあり、デジタルトランスフォーメーションを実現することで、お客様に貢献できると確信しています。
世界初のソリューションを本格商用化
弊社が現在取り組んでいる事業が、東芝デジタルソリューションズと共同で行っている、スペインにある大手自動車部品会社の「溶接工程での不良検知」へのソリューション提案です。
東芝グループが鉄鋼の溶接で活用していたテクノロジーを、その会社向けにカスタマイズ。ビルや橋の建設時に、ヒビ割れや空洞がないか、音波で検知していたAE(音響)センサーとカメラ画像を組み合わせ、自動車部品の溶接工程での不良検知、品質向上に応用しました。これは、世界初のソリューションです。
2018年、同社のイギリス工場での実証実験に成功し、さらなる検証を重ねて、本格商用化を目指したパイロットプロジェクトを、2019年10月にドイツの工場で開始しました。完全な商用化は2020年4月以降を予定しています。
プロジェクトを成功させ、事業を拡大
将来的なビジョンとしては、まず前述のプロジェクトを成功させ、世界中に100以上の工場を持つ同社他工場へ導入、横展開に注力します。
このソリューションは、東芝が長年培ってきたモノづくりの知見とAI、デジタル技術、そしてスタートから製造、販売までを行う弊社のデジタルトランスフォーメーションに基づくコンサルティング力が融合した提案であり、大きな優位性があるといえるでしょう。できるだけ早い商用化を図り、同様の溶接工程を採用している製造業のお客様に提案し、事業の拡大を目指します。
また、このプロジェクトで得た経験と知識を応用することで、今後の提案スピードをさらに加速し、案件獲得・受注までの時間を短縮しながら実績を重ねていきます。

コンサルタントのご紹介

  • コンサルタントY.Tの画像です

    モットーは、①Speed②Execution③Innovation。「スピード感」をもってビジネスに取り組み、実現する「実行力」が大事。さらに新しい付加価値「イノベーション」のある提案を心がけています。

    Y.T ビジネスプロデューサー

インダストリーの可能性を最大化させたい。けれど、どうしていいかわからない。
RFPにできない課題こそ弊社の領域です。お気軽にご連絡下さい。
そのほかの
コンサルティング
分野