社員紹介の写真です

お客様に寄り添いながら、目指すべき企業の姿を支援

D. I.ビジネスコンサルタント

様々な職種の方々と協力しながら推進するデジタルトランスフォーメーション
私が所属しているセクションは通常の物流領域のコンサルティングから物流組織の中期計画策定支援、新型ロボットの物流センター導入支援などの企画・提案を行っています。
ここでは様々な職種の方々と幅広く関わることができます。1つの案件に対して目先の困り後に対する改善策を提案するだけでなく、その先にある企業の目指す姿にたどり着くまでしっかりと支援を行うため、多岐にわたる職種の方々とのコミュニケーションが必要となってきます。ですが、東芝デジタル&コンサルティング全体でも上司や部下といった概念はほとんど無く、各々のパワーを発揮できる環境が整っています。意見を自由に発言できる空気感があり、互いに助け合いながら仕事ができるのでチームワークもばっちりです。
東芝デジタル&コンサルティング でしかできない東芝のグループシナジーを活かしたコンサルティング
社員紹介の写真です
東芝デジタル&コンサルティングに入社した理由は、既存の物流や ITのコンサルティング能力に加えて、デジタル領域のコンサルティング能力が身につくと思ったからです。デジタルと呼ばれる領域は幅広く、どちらの能力も兼ね備えることで、これまでにない領域のコンサル事業を確立できる可能性を感じわくわくしました。東芝グループには流通・物流事業を担う会社や、ロボティクス系のソリューションを提供している会社など多種多様なグループ会社が存在しています。
東芝グループ内に蓄積された知見と多様なスキルを持つ方々と会社の垣根を越えて協力しながら、東芝デジタル&コンサルティングにしかできないコンサルティングを行っています。まだ少数精鋭のため、大型案件のご提案は厳しい体制ではありますが、今後は大掛かりな案件もこなせる体制づくりに寄与していきたいと考えています。
信頼関係構築のポイントは「話を聞くこと」
社員紹介の写真です
仕事をする中で「話を聞くこと」をとても大事にしています。コンサルティングの仕事はお客様から聞いた悩みを理解し、提案時には言葉で表現しながら解決していく事が大切になります。聞き違いや誤謬をなくすための聞く時間を大切に、丁寧な仕事を心がけています。お客様から「このような話がしたかった。悩みを理解してくれてありがとう。これからも頼りにしているよ。」と言っていただけた時はとてもやりがいを感じます。
東芝デジタル&コンサルティングには人の意見をちゃんと聞ける人が向いていると思います。船頭ではなく、人の意見に否定から入らない人であれば、お客様のお話にもきちんと向き合いながらビジネスができる気がします。信頼関係は簡単に築き上げられるものではありません。お客様に寄り添いながら、次に繋がる仕事をこれからも続けていきたいです。
1日のスケジュール
  • 08:30 出社
  • 09:00 メールチェック
  • 10:00 定例ミーティング
  • 11:30 同期とランチ
  • 14:00 顧客先へ訪問
  • 16:00 帰社
  • 16:15 顧客先情報の共有
  • 17:00 明日のタスクを確認
  • 17:30 退社