社員紹介の写真です

自己成長ができる社風と達成感のある業務内容が魅力

N. M.シニアデザイナー

お客様の課題解決の為、上流から下流まで幅広くカバー
私が所属しているセクションはお客様の潜在的な課題を抽出し、解決に向けてのコンサルティングを行っています。東芝デジタル&コンサルティングのコンサルティングは単なる問題解決の糸口を見つけるだけではなく、上流から下流まで幅広くカバーしながら最善策を提案するところが特徴です。お客様が保有する強みに加えて、ビジネスとクリエイティブな思考を掛け合わせることで高い価値創造を提供できるよう日々取り組んでいます。
その中でも私は、業界にとらわれることなく横断的な UX・CX の抽出やサービスデザイン設計の実施、社内外での創造的共創ワークショップなどを担当しています。経営層の視点を意識しながら、既成概念や常識にとらわれない発想を見出し、コンセプトを編み出し伝えることを大切にしています。
お互いの意見を尊重する風通しが良い社風
社員紹介の写真です
東芝デジタル&コンサルティングはこれまでのコンサルティング領域に加え、デジタル分野を主軸としています。クライアントはもちろん、社会への貢献度と共に自己の成長度の両面の向上が望めることが入社の決め手でした。また、支援先となるクライアントの企業規模が大きく、やりがいのある 仕事が多いと確信し入社しました。
実際に入社すると、東芝デジタル&コンサルティングは大企業のグループ内ながらも創業期ベンチャーのような会社であり、風通しが良いのでミーティングなど様々な場面で誰もが話しやすい環境です。若手からベテランまで参加している会議でもお互いの意見を尊重しながらとことん話し合うことができます。社内外の研修・教育にも自ら手を挙げれば受講させてもらえるので、各自の成長を会社がサポートしてくれる環境も整っています。例え年次やポジションが高かったとしても、コンサルティングやデザインに関わる人財は、学び続ける姿勢と行動が必要です。受講した者勝ちと思い、開かれた門戸すべてに手を挙げています。
挑戦から得る「学び」、成長につながる「行動」
社員紹介の写真です
入社後すぐに未経験の事業領域の支援を担当しました。期限は2週間。初対面の方々をまとめ、UX抽出から提言までをまとめ切るのは大変でしたが、かつてない達成感と非常に速いスピードでの成長を実感しました。弊社のお客様の領域は多岐にわたり、本来の専門領域外のことも前向きに動ける人が向いているかもしれません。私の座右の銘は『Action trumps everything !』(行動は全てに勝る!)。デザイン思考のプロセスにも通じますが、まずやってみて、失敗から学びを得ることで、次に繋がります。何事にも挑戦し、進化し続けたいと思っています。
サービスデザイナーはビジネスデベロッパーであるべきで、それがR&Dの新しいカタチともいえます。そのため自ら他流試合に挑んでいくべきです。私はソフトバンクアカデミアの外部1期生として、孫 正義・SBグループ代表取締役会長兼社長の薫陶を受け、SB社内外の受講生と凌ぎを削った経緯があります。インダストリアル・デザイナー出身者として初めて、異業種・異職種の中に1人飛び込みました。これまでのキャリア、知見、インプット量に比例する無尽蔵の創造性を統合して、お客様のご支援に邁進したい所存です。
1日のスケジュール
  • 08:30 出社
  • 09:00 スケジュール、メール確認
  • 10:30 チームミーティング
  • 11:30 提案書や資料作成
  • 12:30 昼食
  • 13:30 顧客先へ訪問
  • 14:00 会議
  • 16:30 各種情報収集
  • 19:00 退社